いいね!は目の前にあるよ

今日の「いいね!」は見つかりましたか?

二郎系ラーメン食べるならココ!! ラーメン荘【歴史を刻め】 ~いつも行列必至の超人気店~

f:id:imaterasu:20200808153806j:plain

いつも行列ができてるから、行くときは行列覚悟でいきましょう!。

 

 

二郎系ラーメン食べるならココ!!

私の大好きなラーメンの中でも「二郎系ラーメン」といわれるジャンルのものが好きで、一般的なラーメンとは味も見た目も違う領域に存在しており、そのおいしさと見た目のインパクトに幅広い年齢層から絶大な人気を集めています。

 

食べ終わった後は、あまりの満腹感に「当分いきたくないわ~」って思ってしまうのですが、翌日になると「また食べたくなってきた」というように、非常に中毒性の高い食べ物となっております(笑)。

 

今回紹介する、地元神戸にある「ラーメン荘 歴史を刻め 六甲道店」さんは、いつも行列の絶えない人気店としてとても有名です。

 

過去1回だけ行きましたが、行列ができるのも頷けるおいしさでした。

 

二郎系ラーメンって

東京都港区三田町にある「ラーメン二郎」が 発祥と言われており、特徴として、極太麺、山盛りのかき氷や日本昔話の山盛りのごはんを彷彿させる大量の野菜、そして、無料トッピングで、野菜・背油・にんにくの量が選べます。

 

お店によって魚粉やカラメなどがあります。

 

麺の量が一般的なラーメンの2倍強ぐらいあるので、たとえ「並」サイズであっても油断は禁物です。

 

麺量は並サイズでだいだい300g以上、大サイズで500g以上といったところでしょうか。

 

注文方法については「コール」と呼ばれる儀式を行う必要があります。

 

まず店主が「にんにくいれますか?」と聞いてくるので、にんにくの有無と量、そのあとに、野菜やら背油の有無・量を伝えます。

 

例)

店主:にんにくいれますか?

客:にんにく増しで、あと、野菜増し、背油増しでお願いします。

 

注意として、「にんにくなし」というと「なし」が「増し」に聞こえてしまうことがあるので、にんにくがいらない場合は「にんにく抜きで」とコールしましょう。

 

トッピングの量については、ちょい増し・増し・増し増しの3段階(お店によって違います)があり、一番多いのが増し増しになります。

 

基本的には男性客が多く、時折女性客もチラホラ見かけます。 

 

ラーメン荘「歴史を刻め」に到着

到着時間は開店前の17時45分ごろ。

 

すでに8名ぐらい学生さんたちが並んでいました。

 

どうですかこの味のある看板。いいですねぇ~。 

f:id:imaterasu:20200729060900j:image

お店の前の歩道で2列に並んで待機です。

 

ちゃんとお店の方が案内してくれますので、安心して待つことができます。

 

お店に入ってすぐ右側に券売機があります。

 

両替機もありますので小銭の心配はいりませんね。

 

いつものようにピンボケですいません。

f:id:imaterasu:20200729060930j:image

今回は「ラーメン」800円をチョイスしました。

 

ちなみに、麺の量を少なくしてもらうことができます。

 

その方法は、券売機のところに白の洗濯ばさみがありますので、食券に挟んで後で店員さんへ渡します。 

 

それだけでOKです。

 

食券を購入後、券売機から回れ右した正面にある、給水機のところで、お水、おしぼり、レンゲ、お箸をゲットして着席します。

f:id:imaterasu:20200729061039j:image

ちょっと雑に置いてしまいましたが、通ともなると、コップの中にレンゲを立てて、お箸はコップの上に橋渡しをさせるそうです。

 

店内の冷蔵庫にコールの方法が貼り付けてありました。

f:id:imaterasu:20200729060926j:image

コールは慣れるまでそう時間はかかりませんが、ある程度予行演習をしておいた方が安心です。

 

注文方法

着席したら店員さんが食券を回収しに来ますので、渡してください。

 

ただし、コールは麺の準備ができてからになりますので慌てないでくださいね。

 

しばらくすると、トニさん(店主)が「にんにくいれますか?」と聞いてくるので、それを皮切りに無料トッピングを伝えていきます。

 

今回のコールはこれ。

 

にんにく抜き・野菜増し増し・背油増し増し」以上です。

 

無事に儀式を終えてほっとしている数秒後に、ラーメンが到着しました。 

 

ラーメンと感動のご対面です。

f:id:imaterasu:20200729061042j:image

ナイスフォルム!。

 

めっちゃおいしそうです。

 

背油増し増しなので別皿にたっぷりの背油が入れてあります。

 

さぁ、早速食べていきましょう!

 

いざ実食!

二郎系ラーメンの最初の難関である野菜たちです。 

f:id:imaterasu:20200729061017j:image

彼らを倒さなければ麺に到達することができません。

 

ひたすら野菜との格闘が続きます。

 

想像以上に背油が甘くておいしいのにビックリしました。

 

シャキシャキ野菜に、甘い背油のコンビネーションがたまりません。

 

すでにお腹が膨れてきています。

 

そろそろ豚といきましょうか。 

f:id:imaterasu:20200729061045j:image

とにかくごっつい豚です。

 

このごっつい豚が3枚も入っていました。

 

大きいにもかかわらずしっかりと味が染み込んでいて、しかもやわらかい!

 

3拍子そろった豚にもう大満足状態です。

 

麺まで到達できるのだろうか、、、。

 

ひとまず、別皿の背油を全投入!。 

f:id:imaterasu:20200729061021j:image

ほんとこの背油おいしいんです。

 

胸焼け必至ですが(笑)。

 

ようやく野菜との格闘が終わりを告げようとしている時に麺の登場!

f:id:imaterasu:20200729061049j:image

ご麺くださ~い」といわんばかりに圧倒的な存在感を醸し出しています! 

 

うどんのような太さの極太麺です。

 

食べ応え抜群で、このへんで顎と箸を持つ手が若干疲れてきます。

 

立ち止まってしまうと立ち上がりに時間が掛かりますので、ひたすら箸を止めることなくどんどん食べ進めていきます。

 

スープはしょうゆ味でとっても美味しかったのですが、私にとっては少し濃かったかもしれません。

 

f:id:imaterasu:20200729061028j:image

ヤングマンたちにはちょうどいいかもしれませんね。

 

後半は苦しさとの戦いでしたが、無事に完食することができました。 

f:id:imaterasu:20200729061052j:image

とってもおいしく頂きました。

 

トニさん(店主)ごちそうさまでした。

 

大満腹で大満足~!。

 

お帰りの際のお願い

食べ終わったら、おしぼりでテーブルを綺麗に拭いて、お帰りの際には入り口側にある、オレンジ色のカゴに入れましょう。

 

コップやお箸やレンゲなどはそのままで大丈夫です。

 

とにかく「使う前より美しく」です。

 

トニさんまた行きますね。

 

お店情報

店名:ラーメン荘 歴史を刻め 六甲道店

住所:兵庫県神戸市灘区徳井町4-1-3寄川ビル1F

営業時間:18:00〜24:00 定休日:水・日

駐車場:なし

席数:カウンターのみ12席

Twitter:https://twitter.com/rekishi_toni 

交通手段:JR東海道本線 神戸線 六甲道駅 下車 徒歩10分
     阪神電鉄本線 石屋川駅 下車 徒歩8分 

地図