いいね!は目の前にあるよ

今日の「いいね!」は見つかりましたか?

プロ野球開幕 ~いけいけ!阪神タイガース~

f:id:imaterasu:20200621150346j:plain

熱血ではないけど、プロ野球見ちゃうね!。

 

 

プロ野球開幕

お題「#応援しているチーム

 

あらゆるイベントやスポーツが新型コロナウイルスの影響を受けて中止や延期を強いられている状況です。

 

ことプロ野球に関しても同様で、例年だと3月末に開幕する予定でしたが、6月19日にようやく開幕に漕ぎつけることができました。

 

全国のプロ野球ファンにとっては、待望の開幕だったのではないでしょうか。

 

引き続き新型コロナウイルス感染拡大防止対策が必要なため、無観客試合が当分つづくようですが、選手や関係者もまずは開幕できたことに、ホッと胸をなでおろしていらっしゃるのではないかと思います。

 

この季節にTVをつければ、どかしらの局でプロ野球中継をしているのが当たり前の日常だったので、今年に限っては開幕するまでの期間、若干季節感がおかしくなっております。

 

幼少のころから野球をやっているにもかかわらず(笑)、いうほど熱烈な野球ファンではないものの、試合結果は気になるのでニューズ番組の中でスポーツコーナーをやっていれば、何気にいつも見ています。

 

応援しているチーム

冒頭の写真を見ればどう考えたってあのチームしかないでしょうってことで、一瞬で分かったと思いますが、私が応援しているチームは「阪神タイガース」です。

 

私の地元関西のチームなので当然といえば当然ですが、幼少のころから応援していたわけではなくて、闘将・星野阪神時代から阪神タイガースを応援するようになりました。

 

それは、私の真逆の性格であろう星野仙一さんの、男らしくて野球に対する熱血な姿勢と、ひとたび野球から離れると普通のおもしろいおっちゃんといったそのギャップが好きで、憧れの存在でした。

 

応援スタイル 

阪神タイガースの応援はいつみても活気があって凄いですね。

 

ラッキー7の時に飛ばす風船なんかは、現地で見たら超感動してしまうくらい綺麗で壮大です。

 

阪神タイガースファン一人一人が監督のようで、試合の翌日なんかは「わしやったらあの場面で○○を起用するんやけどな~」といった内容の会話が飛び交い「私が監督だったらトーク」をする者が後を絶ちません。

 

もちろん永遠の敵である巨人ファンとのやりとりもありますが、お互いになんだかんだ言いながら楽しくやっているようです(笑)。

 

私はそういうところへは入っていけませんが。。。

 

私の応援スタイルといっても、阪神タイガースのはっぴを着てメガホンをバチバチ叩きながら応援したことは一度もありません。

 

球場へ足を運んだことは過去7回くらいのもので、静かに観戦していてる程度です。

 

阪神ファンは柄が悪いとか喧嘩っ早いとかよく耳にしますが、ここに静かに応援する阪神ファンがいることを忘れないでください(笑)。

 

あっ、ちなみに阪神タイガースの球団歌である「六甲おろし」を歌うことができません。

 

六甲おろしに~♪ 颯爽と~♪ までしか歌えないことが判明しました!(涙)。 

 

主な変更点

プロ野球開幕!といっても例年とは違う状況の中でのスタートであり、あらゆるルールが変更となっているようで、主な変更点を確認してみましょう。

  1. 延長は10回まで(従来は12回)
  2. シーズン120試案(従来143試合)
  3. 出場選手登録人数31人(従来29人)
  4. 外国人選手登録枠5名(従来4名)

限られた期間の中で少しても試合を消化していくために、過密な日程が組まれているようで、それに合わせて登録選手を増やしているように感じます。

 

密は密でも日程の過密は大丈夫なの?って感じですが。。。

 

こういった変化にうまく対応していけるチームがペナントレースを制するのは間違いないでしょう。

 

首脳陣の腕の見せ所です。

 

どのチームも条件は同じですが、例年とは違う条件にどう対応していくのか、今年のプロ野球から目が離せません。

 

最後に

今は変化に対応していく能力が今まで以上に試されている時期でもあります。

 

プロ野球に限らず、私たちを取り巻く環境ひとつをとっても、例外ではありません

 

日々刻々と変わる変化にうまく対応していけるよう、常にアンテナを張って情報をいち早くキャッチし次の一手に備えていかなければならないでしょう。

 

これから始まる新時代で淘汰されないよう、共に頑張っていきましょう!

 

そして頑張れ阪神タイガース!